神経症的傾向大 MPI モーズレイ性格検査結果

e8n14l2.png

外向性尺度Eが8、神経症的尺度Nが14、虚偽発見尺度Lが2です。

外向性尺度は、スコアが高いと外交的、低いと内向的ということを示しています。神経症的尺度は神経症的傾向の強さ、虚偽発見尺度は真面目にテストを受けていない可能性の高さを表します。

グラフは横軸が外向性尺度E、縦軸が神経症的尺度Nです。

あなたはタイプE0N+になります。

E0N+ 神経症的傾向大

外向性は人並みで、神経症的傾向が強いタイプは、自分の中に閉じこもるでもなく、そこそこ人付き合いもやっていける性格。しかし、感情の変化が激しい神経症的な対応で、相手を困惑させることもある。そして、対人関係がうまくいかなくなると、体調が悪くなる可能性もある。

他人に対して猜疑心が強く攻撃的であり、妥協するということを知らないので、少しのミスでも激しく批判する。さらに他人が自分に敵意を持っているから自分はそれに対して防衛しているのだ、というように考え、自己の正当化をはかろうとする。あなたの問題は、とにかく対人関係において感受性が強すぎることである。