YG性格検査 矢田部ギルフォード

YG性格検査(矢田部ギルフォード性格検査)は、企業の就職試験などでよく用いられる質問紙法性格検査です。入社後に受けさせられる場合もあります。性格特性論的な考えに基づき、いくつかの性格特性がどのように分布しているか調べるものです。
このテストについては、就職試験対策等でYG性格検査に「慣れる」必要のある方のために、それぞれの質問がチェックしている項目を表示することができます。
考えることはあっても悩むことはほとんどない。
「はい」と答えるとのんきな傾向があるとされます。D型(適応者タイプ)とされるのは「はい」と答えるタイプです。
すぐに涙ぐむ。
「はい」と答えると気分の変化が大きいとされます。D型(適応者タイプ)とされるのは「いいえ」と答えるタイプです。
目的を達成するためなら手段を選ばない。
「はい」と答えると攻撃的とされます。D型(適応者タイプ)とされるのは「はい」と答えるタイプです。
小さなことでもなかなか決断できない。
「はい」と答えると抑うつ性が大きいとされます。D型(適応者タイプ)とされるのは「いいえ」と答えるタイプです。
人の意見を聞いて「それもそうか」と思うことはほとんどない。
「はい」と答えると主観的傾向が強いとされます。D型(適応者タイプ)とされるのは「いいえ」と答えるタイプです。
一人でいるほうが気が楽である。
「はい」と答えると思考的外向とされます。D型(適応者タイプ)とされるのは「はい」と答えるタイプです。
個性的とは褒め言葉であると思う。
「はい」と答えると社会的外向とされます。D型(適応者タイプ)とされるのは「はい」と答えるタイプです。
考える前に体が動いてしまう。
「はい」と答えると活動的とされます。D型(適応者タイプ)とされるのは「はい」と答えるタイプです。
ユーモアを装いながら人を傷つけることがある。
「はい」と答えると攻撃的とされます。D型(適応者タイプ)とされるのは「はい」と答えるタイプです。
気分にムラがある。
「はい」と答えると気分の変化が大きいとされます。D型(適応者タイプ)とされるのは「いいえ」と答えるタイプです。
空想と現実の境が曖昧になることがある。
「はい」と答えると主観的傾向が強いとされます。D型(適応者タイプ)とされるのは「いいえ」と答えるタイプです。
与えられた仕事は完璧にこなさないと気が済まない。
「はい」と答えると神経質とされます。D型(適応者タイプ)とされるのは「いいえ」と答えるタイプです。
みんなのために働くことが好きだ。
「はい」と答えると支配性が大きいとされます。D型(適応者タイプ)とされるのは「はい」と答えるタイプです。
他人に同情したり世話をしたりするのは、直接的間接的にかかわらず何らかの見返りを期待する気持ちが働いているからだと思う。
「はい」と答えると非協調的とされます。D型(適応者タイプ)とされるのは「いいえ」と答えるタイプです。
物事を始めるときはその結果まで予想してから行動に移す。
「はい」と答えると思考的外向とされます。D型(適応者タイプ)とされるのは「はい」と答えるタイプです。
宴会部長的な役割を求められることが多い。
「はい」と答えると活動的とされます。D型(適応者タイプ)とされるのは「はい」と答えるタイプです。
今いる友人の多くは私から話しかけた人である。
「はい」と答えると社会的外向とされます。D型(適応者タイプ)とされるのは「はい」と答えるタイプです。
時間を有効に使うことができる。
「はい」と答えるとのんきな傾向があるとされます。D型(適応者タイプ)とされるのは「はい」と答えるタイプです。
いつの間にかリーダー的な役回りをしていることが多い。
「はい」と答えると支配性が大きいとされます。D型(適応者タイプ)とされるのは「はい」と答えるタイプです。
自分と違うタイプの人とでも平気で話ができる。
「はい」と答えると社会的外向とされます。D型(適応者タイプ)とされるのは「はい」と答えるタイプです。
人前で話すことはそれほど苦痛ではない。
「はい」と答えると支配性が大きいとされます。D型(適応者タイプ)とされるのは「はい」と答えるタイプです。
自分には人より優れているところが一つ以上ある。
「はい」と答えると劣等感が大きいとされます。D型(適応者タイプ)とされるのは「いいえ」と答えるタイプです。
リラクゼーショングッズに凝りまくっている。
「はい」と答えると神経質とされます。D型(適応者タイプ)とされるのは「いいえ」と答えるタイプです。
人の話を黙って聞いているのが苦手である。
「はい」と答えると活動的とされます。D型(適応者タイプ)とされるのは「はい」と答えるタイプです。
充実感がある。
「はい」と答えるとのんきな傾向があるとされます。D型(適応者タイプ)とされるのは「はい」と答えるタイプです。
寂しいので誰かにそばにいてほしい。
「はい」と答えると抑うつ性が大きいとされます。D型(適応者タイプ)とされるのは「いいえ」と答えるタイプです。
他人の生き方や性格をそのまま認めることが出来る。
「はい」と答えると主観的傾向が強いとされます。D型(適応者タイプ)とされるのは「いいえ」と答えるタイプです。
周りの人間が自分の隙を狙っている。気のせいではない。
「はい」と答えると非協調的とされます。D型(適応者タイプ)とされるのは「いいえ」と答えるタイプです。
お洒落どころか身だしなみにも興味が持てない。
「はい」と答えると抑うつ性が大きいとされます。D型(適応者タイプ)とされるのは「いいえ」と答えるタイプです。
生まれ変わりがあるとしたら絶対自分以外の人間になりたい。
「はい」と答えると劣等感が大きいとされます。D型(適応者タイプ)とされるのは「いいえ」と答えるタイプです。
一旦怒り出すと自分がおさえられない。
「はい」と答えると気分の変化が大きいとされます。D型(適応者タイプ)とされるのは「いいえ」と答えるタイプです。
ちょっとしたミスがいつまでも忘れられない。
「はい」と答えると神経質とされます。D型(適応者タイプ)とされるのは「いいえ」と答えるタイプです。
自分の意見をはっきり言わない人にはイライラする。
「はい」と答えると攻撃的とされます。D型(適応者タイプ)とされるのは「はい」と答えるタイプです。
いかに親しい人であろうとも自分をさらけ出すことは出来ない。
「はい」と答えると非協調的とされます。D型(適応者タイプ)とされるのは「いいえ」と答えるタイプです。
他の人は悩みもなく、自分より堂々としているように見える。
「はい」と答えると劣等感が大きいとされます。D型(適応者タイプ)とされるのは「いいえ」と答えるタイプです。
計画は検討して見直すことも忘れない。
「はい」と答えると思考的外向とされます。D型(適応者タイプ)とされるのは「はい」と答えるタイプです。
loading

一般企業で好まれるのは、A型(平均タイプ)もしくはD型(適応者タイプ)でしょう。

平均タイプと評価されたければ、すべての質問に均等に「はい」「いいえ」を取り混ぜれば大丈夫です。極端な話、すべての「どちらともいえない」と答えればA型と判定されますが、あまり綺麗にA型に収まっていると「真面目にテストを受けていない」「嘘の答えをしている」とされてしまいます。

一方、情緒的に安定し客観的・協調的な一方、活動的で非内生的、主導権をとりたがるD型(適応者タイプ)も好まれるはずです。上のヒントでは、D型と判定されるための答えを表示しています。