色の心理テスト - 青 黄色 オレンジ

1番目にを選んだあなたは

1番目に選ぶ色は、あなたの基本的な性格を表しています。

騒がしくてすぐ興奮するような人ではなく、生まれつき物静かでやさしく、おだやかな人です。一般に他人からは受身な印象を持たれ、自分の精神面について考えたり、自分の存在する意味を追求することに多くの時間をかけます。
ブルーの人の本質は精神面にあり、真実や正直さを大切にします。信頼でき、頼りになる、誠実な人でしょう。穏やかで平和なエネルギーを放つので、みんなはあなたの存在を心地よく感じます。しかし、自分自身のことに夢中になりすぎることがあるため、ときどき孤独に陥り、自分を制限してしまうことがあります。そして、自分に自身がなくなり、まわりの出来事に上手に対処できなくなってしまうことがあるようです。まあだれにでもそんな時はあります。あなたの穏やかな気性は貴重です。

2番目に黄色を選んだあなたは

2番目に選ぶ色は、あなたの現在の内面を表しています。

あなたの課題は、自分の精神面の働きだけでなく、肉体面にも目を向けることです。幻想や夢、想像の世界にはまっていて、現実の世界を無視しがちです。黄色を選ぶ人のアイディアは何年も進みすぎていることが多いので、現象に見合った形にしてエネルギーを使うことが課題です。このことは、忍耐力に欠け、いろいろな方向にエネルギーを広げてしまう黄色の人にとって、とても難しいことです。

3番目にオレンジを選んだあなたは

3番目に選ぶ色は、あなたの未来と人生の目標を表しています。

あなたは破壊的でなく、建設的に行動する必要があります。なぜならば、その時の衝動で行動する傾向があり、実際に考える時間がほとんどなく、後から考えてしまうことが多いからです。あなたのエネルギーがもっと懸命に、効果的に使われるようによくものを見て、考えることが必要です。オレンジを三番目に選んだあなたは、今すこし引っ込みじあんになっているのかもしれません。したがっていますべきことは、一歩踏み出して、もっと勇気をもって人生を楽しむことです。冒険することをいとわず、自分のふだんのやり方を乗り越えることです。

補色関係

1番目のと3番目のオレンジが補色関係にあります。

長期にわたる発展が、あなたの「本当の自分」と合致しています。人生における成功が示されていますが、それを手にするには、二番目に選んだ色「黄色」が示す障害に打ち勝つこと、つまり「自分の精神面の働きだけでなく、肉体面にも目を向けること」が必要になってきます。

診断結果をシェアしてみよう!