色の心理テスト - オレンジ 緑 青

1番目にオレンジを選んだあなたは

1番目に選ぶ色は、あなたの基本的な性格を表しています。

あなたは元気で陽気ではつらつとした、楽しい気質の持ち主です。話好きで外交的で、人付き合いがよいでしょう。付き合う人を元気づけ、幸せな気分にします。しかし、やりすぎてしまう性分のため、自分を見失うと極端に走る傾向もあります。この状態になると肉体的につかれ、消耗しきってしまい、感情的に爆発しかねません。優先順位を決め、全体的状況を把握してよく考えるようにするとよいでしょう。オレンジを選ぶ人は、正しいことをしていると見られたいために、一生懸命やりすぎてしまうこともあります。自分の直感を信じてください。

2番目にを選んだあなたは

2番目に選ぶ色は、あなたの現在の内面を表しています。

あなたの課題は、傷ついた感情を受け入れることです。そうした感情は、強い不安感をおこし、ついには幻滅させ、人に対して批判的になったり、ねたんだり、うらやんだりします。この内部の感情を静めるために原因を考えるようになります。表面的には自分の行動が勝ちあるものののように思えますが、それは満たされない欲求に起因しているのです。人と感情を分かちあうことがときどき難しいとかんじたり、自分の心の奥にある感じようをおさえつけてしまうことがあります。
もっとも大切な課題は、しり込みしたくなったときにも、自分の感情を表現する勇気を持つことです。

3番目にを選んだあなたは

3番目に選ぶ色は、あなたの未来と人生の目標を表しています。

精神性を追求したり、深く考えることがあなたにとって普通のことなのですが、より現実的で実践的な物質面にも目をむけるべきでしょう。人生の課程を信頼し、一件普通に見える日常の出来事にかかわっていくべきです。キーワードは柔軟性です。人生に積極的にかかわっていけるようになる必要があります。休息、くつろぎ、沈黙の時間は、あなたを癒し、満たしてくれますが、それは一時的な手段です。

補色関係

1番目のオレンジと3番目のが補色関係にあります。

長期にわたる発展が、あなたの「本当の自分」と合致しています。人生における成功が示されていますが、それを手にするには、二番目に選んだ色「緑」が示す障害に打ち勝つこと、つまり「傷ついた感情を受け入れること」が必要になってきます。

診断結果をシェアしてみよう!