色の心理テスト - オレンジ 紫 青

1番目にオレンジを選んだあなたは

1番目に選ぶ色は、あなたの基本的な性格を表しています。

あなたは元気で陽気ではつらつとした、楽しい気質の持ち主です。話好きで外交的で、人付き合いがよいでしょう。付き合う人を元気づけ、幸せな気分にします。しかし、やりすぎてしまう性分のため、自分を見失うと極端に走る傾向もあります。この状態になると肉体的につかれ、消耗しきってしまい、感情的に爆発しかねません。優先順位を決め、全体的状況を把握してよく考えるようにするとよいでしょう。オレンジを選ぶ人は、正しいことをしていると見られたいために、一生懸命やりすぎてしまうこともあります。自分の直感を信じてください。

2番目にを選んだあなたは

2番目に選ぶ色は、あなたの現在の内面を表しています。

物事をまとめる統率力があり、権威あるポジションにつく傾向があります。しかし、他人から見たらとても難しいことをやっているのに、自分では心もとなさを感じてしまいます。それは、自分自身に対する価値観、自尊心に問題があります。
あなたにとっての課題は、まわりの人からの承認や、信頼できる意見を求めることです。もしこうした意見を取り入れていかないと、人生における責任を放棄してしまったり、現実逃避に走ってしまうかもしれません。そこで、あなたの課題は、あなたの人生にはある目的があり、それはどんな状況でも無視されることなく、達成されなければならないと認識することです。ひたむきに辛抱強く努力してこそ、成熟することができるのです。

3番目にを選んだあなたは

3番目に選ぶ色は、あなたの未来と人生の目標を表しています。

精神性を追求したり、深く考えることがあなたにとって普通のことなのですが、より現実的で実践的な物質面にも目をむけるべきでしょう。人生の課程を信頼し、一件普通に見える日常の出来事にかかわっていくべきです。キーワードは柔軟性です。人生に積極的にかかわっていけるようになる必要があります。休息、くつろぎ、沈黙の時間は、あなたを癒し、満たしてくれますが、それは一時的な手段です。

補色関係

1番目のオレンジと3番目のが補色関係にあります。

長期にわたる発展が、あなたの「本当の自分」と合致しています。人生における成功が示されていますが、それを手にするには、二番目に選んだ色「紫」が示す障害に打ち勝つこと、つまり「人生の目的を意識し辛抱強く努力すること」が必要になってきます。

診断結果をシェアしてみよう!