色の心理テスト - 紫 オレンジ 黄色

1番目にを選んだあなたは

1番目に選ぶ色は、あなたの基本的な性格を表しています。

あなたの基礎にある本質は、精神面での意識、自覚にあります。物理的に説明可能な世界を越えた、神秘的な力に興味を持っています。喜んで人に奉仕する人であり、それは時にはヒーリングという形をとることもあります。紫の人は、本当の威厳と高貴さを持っており、自分を美学的に、また芸術的に表現することが自然なことだと感じています。芸術関係の職業、あるいは儀式や贅沢な品々、財産を扱う仕事にかかわる可能性があります。

2番目にオレンジを選んだあなたは

2番目に選ぶ色は、あなたの現在の内面を表しています。

あなたはもっと内面を意識すべきです。それはバランスを求めていて、肉体的にも精神的にも静けさを求めています。オレンジは活動的な肉体面と、好奇心の強い性質わもちあわせているので、パワーがありあまって他人に高圧的になってしまうことがあります。ここでの課題はもっとおちついて、人生についてリラックスした姿勢をとることです。自分のための時間をとりもどし、栄養を与えてあげる必要があります。そうしたおだやかな時間を過ごさないかぎり、オレンジを選んだ人はより統一された生き方に向けて動くことができないのです。

3番目に黄色を選んだあなたは

3番目に選ぶ色は、あなたの未来と人生の目標を表しています。

あなたは、心を開き、広く持つために、なにか自分にあったものを学習する必要があるかもしれません。自分に合った分野を選んで、一度決めたら細かいことは気にせずに積極的に、しかも実際に行動を起こすべきでしょう。このようなステップをふむことによって、あなたの人生に幸せと楽天主義がもたらされることでしょう。この時点で必要なことは休日をとり、太陽の光をたくさん浴びることです。この色はまた、知り合った人々を無償で教えたりすることで、あなたの知識を使ったりすることが必要だということをあらわしています。自分の直感に触れ、あなたが潜在的に持っている力と知識があなたの中を流れるようになると、あなたの奉仕活動はますます価値を持ちます。

補色関係

1番目のと3番目の黄色が補色関係にあります。

長期にわたる発展が、あなたの「本当の自分」と合致しています。人生における成功が示されていますが、それを手にするには、二番目に選んだ色「オレンジ」が示す障害に打ち勝つこと、つまり「もっと内面を意識すること」が必要になってきます。

診断結果をシェアしてみよう!