色の心理テスト - 黄色 青 オレンジ

1番目に黄色を選んだあなたは

1番目に選ぶ色は、あなたの基本的な性格を表しています。

あなたはどちらかというと、理性や論理、評価などに焦点を合わせて人生をとらえる傾向があり、情報を知性でとらえることが多いでしょう。物事を知性的な方法で用意に把握する能力を持ち、絶え間なく計算、分析しています。支配したり、独占する傾向が強く、思い通りにならないと執念深くなることさえあります。
黄色を選ぶ人はふだんから言葉に長け、興味のあることについてはとても弁が立ちます。与えられた課題について話したり、講義したり、言葉や数字を扱う職業は完璧な自己表現の手段となるでしょう。一般的に責任のあるポジションにつき、部長や自営業、科学者、研究者に向いています。

2番目にを選んだあなたは

2番目に選ぶ色は、あなたの現在の内面を表しています。

静けさと知性に強みがあります。他人から見ると、あなたの中には肉体と精神の静寂さがあります。この穏やかな風貌は、暖色系が好きな、活発な人からはうらやましく感じられます。しかし、あなたの課題は内部で力を持っているこの静寂を打ち破り、もっと外にむけて自分を表現することです。ひきこもらずに、前へ踏みだすことがかぎです。特に声を出して、話す力や自己表現力を伸ばす必要があります。一人の人間として成長していくためにも、それは必要なことです。

3番目にオレンジを選んだあなたは

3番目に選ぶ色は、あなたの未来と人生の目標を表しています。

あなたは破壊的でなく、建設的に行動する必要があります。なぜならば、その時の衝動で行動する傾向があり、実際に考える時間がほとんどなく、後から考えてしまうことが多いからです。あなたのエネルギーがもっと懸命に、効果的に使われるようによくものを見て、考えることが必要です。オレンジを三番目に選んだあなたは、今すこし引っ込みじあんになっているのかもしれません。したがっていますべきことは、一歩踏み出して、もっと勇気をもって人生を楽しむことです。冒険することをいとわず、自分のふだんのやり方を乗り越えることです。

補色関係

2番目のと3番目のオレンジが補色関係にあります。

有望な将来がやってくる可能性が大きいのですが、成功するかは、現在の状態にかかっています。自分の目標を達成する条件として、二番目に選んだ色「青」が示す障害を克服、つまり「もっと外にむけて自分を表現すること」が必要になります。

診断結果をシェアしてみよう!