色の心理テスト - 黄色 オレンジ 青

1番目に黄色を選んだあなたは

1番目に選ぶ色は、あなたの基本的な性格を表しています。

あなたはどちらかというと、理性や論理、評価などに焦点を合わせて人生をとらえる傾向があり、情報を知性でとらえることが多いでしょう。物事を知性的な方法で用意に把握する能力を持ち、絶え間なく計算、分析しています。支配したり、独占する傾向が強く、思い通りにならないと執念深くなることさえあります。
黄色を選ぶ人はふだんから言葉に長け、興味のあることについてはとても弁が立ちます。与えられた課題について話したり、講義したり、言葉や数字を扱う職業は完璧な自己表現の手段となるでしょう。一般的に責任のあるポジションにつき、部長や自営業、科学者、研究者に向いています。

2番目にオレンジを選んだあなたは

2番目に選ぶ色は、あなたの現在の内面を表しています。

あなたはもっと内面を意識すべきです。それはバランスを求めていて、肉体的にも精神的にも静けさを求めています。オレンジは活動的な肉体面と、好奇心の強い性質わもちあわせているので、パワーがありあまって他人に高圧的になってしまうことがあります。ここでの課題はもっとおちついて、人生についてリラックスした姿勢をとることです。自分のための時間をとりもどし、栄養を与えてあげる必要があります。そうしたおだやかな時間を過ごさないかぎり、オレンジを選んだ人はより統一された生き方に向けて動くことができないのです。

3番目にを選んだあなたは

3番目に選ぶ色は、あなたの未来と人生の目標を表しています。

精神性を追求したり、深く考えることがあなたにとって普通のことなのですが、より現実的で実践的な物質面にも目をむけるべきでしょう。人生の課程を信頼し、一件普通に見える日常の出来事にかかわっていくべきです。キーワードは柔軟性です。人生に積極的にかかわっていけるようになる必要があります。休息、くつろぎ、沈黙の時間は、あなたを癒し、満たしてくれますが、それは一時的な手段です。

補色関係

2番目のオレンジと3番目のが補色関係にあります。

有望な将来がやってくる可能性が大きいのですが、成功するかは、現在の状態にかかっています。自分の目標を達成する条件として、二番目に選んだ色「オレンジ」が示す障害を克服、つまり「もっと内面を意識すること」が必要になります。

診断結果をシェアしてみよう!