色の心理テスト - 黄色 オレンジ 緑

1番目に黄色を選んだあなたは

1番目に選ぶ色は、あなたの基本的な性格を表しています。

あなたはどちらかというと、理性や論理、評価などに焦点を合わせて人生をとらえる傾向があり、情報を知性でとらえることが多いでしょう。物事を知性的な方法で用意に把握する能力を持ち、絶え間なく計算、分析しています。支配したり、独占する傾向が強く、思い通りにならないと執念深くなることさえあります。
黄色を選ぶ人はふだんから言葉に長け、興味のあることについてはとても弁が立ちます。与えられた課題について話したり、講義したり、言葉や数字を扱う職業は完璧な自己表現の手段となるでしょう。一般的に責任のあるポジションにつき、部長や自営業、科学者、研究者に向いています。

2番目にオレンジを選んだあなたは

2番目に選ぶ色は、あなたの現在の内面を表しています。

あなたはもっと内面を意識すべきです。それはバランスを求めていて、肉体的にも精神的にも静けさを求めています。オレンジは活動的な肉体面と、好奇心の強い性質わもちあわせているので、パワーがありあまって他人に高圧的になってしまうことがあります。ここでの課題はもっとおちついて、人生についてリラックスした姿勢をとることです。自分のための時間をとりもどし、栄養を与えてあげる必要があります。そうしたおだやかな時間を過ごさないかぎり、オレンジを選んだ人はより統一された生き方に向けて動くことができないのです。

3番目にを選んだあなたは

3番目に選ぶ色は、あなたの未来と人生の目標を表しています。

いっしょにいて自分がくつろげると感じる人と付き合い、新しい友情や意義のある人間関係を築く必要があります。このように自分自身を表現することによって、自分が他人にもたらすことのできる価値や利益がわかり、喪失感や違和感を軽減させることができるでしょう。そして人生をもっと楽しめるようになります。緑の人の典型である、罪悪感などがなくなり、あなたの視野が新しくなって開花しはじめます。緑は注意を求める色です。決断しないうちに状況が流れていかないように注意しなければなりません。

補色関係

選んだ色の中に補色関係がありません。生活の中に選んだ色の補色を取り入れることで、心のバランスをはかっていくと良いでしょう。

選んだ色傾向の補色に当たる色は、こんな色です。

診断結果をシェアしてみよう!