内向的、神経症的傾向大 MPI モーズレイ性格検査結果

e6n14l8.png

外向性尺度Eが6、神経症的尺度Nが14、虚偽発見尺度Lが8です。

外向性尺度は、スコアが高いと外交的、低いと内向的ということを示しています。神経症的尺度は神経症的傾向の強さ、虚偽発見尺度は真面目にテストを受けていない可能性の高さを表します。

グラフは横軸が外向性尺度E、縦軸が神経症的尺度Nです。

あなたはタイプE-N+になります。

E-N+ 内向的、神経症的傾向大

おとなしくてまじめ、他人を批判するようなことは言わない、言えないタイプ。攻撃性が低く他人とトラブルを起こすこととは縁がない穏健派。ただし、犯罪者に共通するのが、極端に外交的か内向的で、神経症的傾向が強いということ。なかでも内向型は性犯罪に走るタイプとされている。ストーカーにもこのタイプが多い。

不安感や体の不調に敏感。不安、恐怖、強迫などの神経症的症状やうつ状態が出てくる可能性が高いので注意。神経症的傾向が強くなりすぎると、自殺の可能性も出てくる。

診断結果をシェアしてみよう!